富士市N様
奥様のこだわりが詰まったナチュラルなお家
INTERVIEW
「いい家が建つな」出会った瞬間にそう思った家づくり

イデキョウホームで建てた家、住み心地はいかがですか?

奥さま:快適ですよ。住みやすいです。
アパートだと音が気になったり、一つ一つのお部屋が小さい。それと比べると、広々としていて快適です。

旦那さま:正直、建てる前に思い描いていた通りには生活できていないですよね。「カウンターでご飯を食べる」なんていう思いがありましたが、結局カウンターでご飯を食べたことなんて、1回もないですよね(笑)。今は物置き場になってます・・・。

でも、子供が大きくなるにつれて家を建ててよかったと感じますね。
まだ小さい頃は、泣き声ぐらいでまわりに大きな迷惑をかけることもないと思うんですけど、長男ぐらいまで大きくなると、ドタバタするし、ギャン泣きするし、アパートだったら本当にいたたまれなくなっていたと思います。
防音効果もあるし、子育てに関してはいい環境だと思いますね。

ただ住み始めると、照明のスイッチやコンセントの位置、リビングの収納スペース確保など"こうすればよかった・・・。"と思う部分はありますよね。リフォームをお願いしたいくらいです(笑)。

 

イデキョウホームに決めた理由は何でしょうか?

旦那さま:それはもう、営業担当の山本さんですよ。
僕は仕事上転勤が多いので、家を買うつもりはさらさらなかったんですよね。そんな中、妻がいきなり"今日は、マイホームセンターへ行こう!"と言い出して、妻の実家がイデキョウホームさんで家を建てていたので、イデキョウホームさんにアポなしで行ってみたら、山本さんが対応してくれたんですよね。

多分、山本さんが担当じゃなかったらイデキョウホームさんで建てていたか分からないですね。ほんと、そう思いますよ。

奥さま:そうですね。すごく親切なんですよね。
仕事だとしても、もし自分だったらそこまでやらないだろう、という感じのことまでやってくれるんですよね。あと、営業さんからしたら正直打ち合わせも面倒だと思うんです。必要最低限の回数と時間でおさめたいところを、何回も何回も打ち合わせしてくださり、しかも無駄話して何時間もお付き合いいただいたことも度々で、楽しく家づくりできたのも山本さんのおかげだと感謝しています。

旦那さんは、家を建てた後もちょいちょい連絡とっているみたいなんですよね。"友達が家を探している"とか、山本さんに情報を聞いて、友達に教えてあげているみたいなんです。

旦那さま:山本さんのことを信用しているから、自分の友達にも安心して山本さんから教えてもらった情報を流せますよね。
家を売ったら、もうそれで終わり。っていう付き合いじゃなかったので、今回のこのインタビューも本当ならお断りしたい所ですが、引き受けさせていただきましたね。

奥さま:山本さんに会った瞬間に"いい家が建つな。"って思ったんですよ。私、そういうのあるんです。

旦那さま:この人、直感が鋭いんですよ。この間も、ナンバー3を直感で当てましたからね。

奥さま:そうそう!旦那さんがロト6を買うというから、私はナンバー3っていうのを買ってみたんですよ、800円分。そしたらそれが当たったんです。

旦那さま:「322」という数字で当たったんです。妻がその数字を買ったとき、正直"こんな数字当たんないよ・・・。"って思ったんですけど、見事当たってました。だから、妻は直感がすごいんですよね。
あと、結婚式もそうだったんですが、いい人にめぐり合えるんですよね。

奥さま:そうですね。結婚式も、始めは男性のプランナーさんで、"あの人あんまり好きじゃないんだよね。だからあの式場はいいんだけど、あまりここではやりたくないなっ。"と旦那さんに話していたんです。そしたら式場から"担当者が変わります。"という連絡がきて、次のプランナーさんがものすごくいい人だったんです。

旦那さま:そうそう!そういうのがあるもんで、妻には運があるのかなって思うんですよね。そういう点で、アポなしでイデキョウホームさんに行ったとき、たまたま山本さんが当番でいらっしゃったというのも運ですよね。

奥さま:今となってみると、ホントご縁だったのかなと思います。

お住まいで気に入っている点やこだわった点はどこですか?

旦那さま:僕はリビングにあるこの窓が、額縁みたいで気に入っています。今ちょうど梅が見えるんですよ。この時期は一番いいですね。
基本的に妻に決定権があったので、妻がやりたいように建てた家なので僕自身に大きなこだわりはないんですが、しいて言うなら"一つ一つの空間を広くしよう。"というのは、僕の想いでしたね。

奥さま:私は、おかげさまでいろいろとこだわらせてもらいました。
「キッチンの奥行きを広くとる」・「ニッチ収納で壁をスッキリさせる」・「キッチンの横にご飯を食べるスペースをとる」など、間取りへのこだわりはもちろん、「床材」や「キッチン」などの建材や設備に関しても、山本さんからあらゆるメーカーさんの実物を見た方がいいとアドバイスをいただいたので、ショールームや店舗まで足を運んで見に行ってましたね。
注文住宅の醍醐味は、自分達で自由に選べること。せっかく選べるんだったら、最初から決め付けずに、後悔のないようにとことん見て、触って、選んだ方がいいですよね。

これから家づくりをお考えの方へアドバイスをお願いします。

旦那さま:イデキョウホームさんで案内してくれる「お宅訪問バスツアー見学会」は、是非行った方がいいですね。

奥さま:確かにそうですね!3時間くらいで4、5軒のお家を案内してくれるんですが、もう既に生活をしているお宅に訪問できるので、実際に住んでいる方の生の声が聞けるのは貴重でしたね。

旦那さま:奥さんお気に入りの「ニッチ」も、このバスツアーの中で訪問したお宅を見て、取り入れましたね。バスツアー以外にも、山本さんに完成したお家に連れて行ってもらったり、施工中だったりお引き渡し前の家を「一緒に見に行きませんか?」と声をかけていただき、見に行ったのは本当参考になりました。

奥さま:"こんな家です。"と図面で見せられても、イメージがなかなか湧かないですよね。

旦那さま:立体的に見れるというのは、いいですよね。実際に建物を見てみないと分からないこともたくさんあるので、見学会には積極的に参加されることをおすすめします。行ってみると、"いいな~。"と思うアイデアをいっぱいもらえますよ。

奥さま:逆に"いいな。"と思っていたことを、"やめておこう。"と事前に思えたり、本当に参考になりましたね。

N様、お話聞かせていただき、ありがとうございました。
今後とも、末永くよろしくお願いいたします。