富士市K様
2階リビングの全館空調(YUCACO)の家
K様こだわりの建具や床材など見所が沢山のお家。
INTERVIEW
2階リビングの全館空調(YUCACO)の家

イデキョウホームで建てた「全館空調(YUCACO)の家」住み心地はいかがですか?

旦那さま:2018年の夏から住み始めて半年経ちますが、夏はヒンヤリしていて涼しく、冬は外から帰ってくると"あったかいな~"って、快適さを日々感じています。冬はさすがに「ホットカーペット」や「こたつ」など暖房器具が必要かな、とも思っていたんですが何もいらないですね。

奥さま:私、寒いのが苦手なんですが、冬でも昼間は半袖で過せるほど暖かいですね。
去年の8月に娘を出産し、夏なので「おむつかぶれ」や「あせも」ができることを覚悟していたんです。けれど実際、そんな心配は全くなくカラッとしていて快適!さらに、冬はお風呂から出た後も寒くないので、"寒いから急いで娘を着替えさせよう"とか、私自身が"急いで仕度しなくちゃ"ということがないですね。寝るときも、冬でも夏と同じような格好で娘は寝ているんです。そういう意味では、子育てにはかなり助けられたと思います。

自分達の家が快適過ぎて、正直もう他のお家にお泊りなんていけないかもしれないです。お正月にお互いの実家に行ったら、もう寒くてびっくりしちゃいました。

イデキョウホームに決めた理由は何でしょうか?

旦那さま:最初は、他の住宅メーカーで建てることが、ほぼ決まっていたんですよ。
ただ、"他も見てみよう!"ということになり、富士市に引っ越すことが決まっていたので、富士市にある建築会社・住宅メーカーをいろいろ見ていた中のひとつがイデキョウホームさんでした。SBSマイホームセンターの富士展示場に行った際、僕らを担当してくださった森山さんに"今こういう家を建てようとしています。"と、考えているプランをお話したところ、"僕にもご提案させてください。"と森山さんが言ってくれたのが始まりですね。

そこから2週間後、森山さんが提案してくださったプランを見た僕らは、「凄い!」と感動しちゃいました。

スキップフロアがあって、1階にガレージ。リビングは2階で、シアタールームがある。というのが僕らが考えていたプランだったのですが、スキップフロアはなかったものの、僕らが要望している間取りに、なんと「屋上」と「全館空調(YUCACO)」がついたプランだったんです。この「屋上」というので、グラッときましたね。

実は、森山さんからの提案を待っている2週間、二人で"きっとできないだろうね・・・。"って話をしていたんです。僕らのわがままを全て詰め込んだ間取りは、さすがに無理だと諦めていたんです。なのに全部叶えた間取りで、しかも"屋上もあります。"って言われて、腰が抜けちゃいましたよね。

奥さま:自分の家に屋上!?、そこからは、もうブレることなくイデキョウホームさん一筋でしたね。
主人は「屋上」に目をキラキラさせていましたが、私は「全館空調(YUCACO)」も決め手のポイントでした。冬に、沼津の岡宮にあるイデキョウホームさんの全館空調モデルハウスを見学していたのですが、お家に入った瞬間、びっくりするくらい暖かくて・・・。最初に建てようと思っていた住宅メーカーさんの完成見学会にも行ったのですが、底冷えしていて"寒いな~"という印象が強かったので、それと比較して"冬こんなに暖かいならこっちの方がいいなぁ~"って、思っていたんです。

旦那さま:あと森山さんが担当してくださった、というのも凄く大きなポイントです。何から何まで、本当によくしていただいたので感謝しています。

奥さま:確かにっ!営業担当の森山さんも、インテリアコーディネーターの岡本さんも私の趣味を分かってくれていて、提案してくれる照明等が私の趣味にピッタリで、あっという間に内装が決まりました。

お住まいで気に入っている点やこだわった点はどこですか?

旦那さま:僕は屋上ですね。みんなでBBQしたり、今年の夏には大きなプールを出して娘と一緒に屋上で楽しみたいですね。
あと個人的には「シアタールーム」や「ガレージ」など、要望していたこだわりを詰め込んでくれたので、そこは全部気に入っていますね。

奥さま:私は、キッチンをこだわりました。そこにいる時間が一番長いので...。
キッチンの壁は「タイル風の壁紙」じゃなく「本物のタイル」をどうしても使用したかったんです。壁紙やクロスにはない、タイルが持っている風合いや触り心地を大切にしたくて...。そこは、私が妥協できなかったところですね。あとは照明。少し金額が高かったのですが"これは削りたくないっ!"と、主人にお願いしました。トコトンこだわり抜いて、妥協せず全部好きなものを選ばせてもらいました。

リビングに関しても"どうしてもガラス付きの黒いドアがいいっ!"と、お願いしたところ、営業担当の森山さんが見つけてきてくださり、そのマット色やツヤのない素材感に一目惚れ。そのドアを家中に使わせてもらうくらいお気に入りです。

キッチンもリビングも完成したら想像していた以上にバランスがよく、すごく素敵だったのでちょっとビックリしましたね。「わぁ~~!」って感動してしまいました。

旦那さま:感動と言えば、家の中にいると全く外の音が聞こえてこないんですよね。ちょうど今、外で工事しているんですけど、全く聞こえないでしょ。ホント静かです。

奥さま:二人のゆずれないこだわりを、なんなく家の中に取り入れてくれたので、飽きることなく過せています。
1階にリビングがあると1階が拠点になってしまい、2階に全然行かなくなりそうですが、2階にリビングがあることで、1階も2階も屋上も全部フルで楽しめていて、家中全部楽しい!って感じちゃいます。

これから家づくりをお考えの方へアドバイスをお願いします。

旦那さま:やっぱり一生に一度の大きな買い物なんで、注文住宅をオススメしたいです。注文住宅って細かいところまで自分達で決めれるんですよね。人によっていろいろ考え方があると思うんですけれども、そういったことが苦でなければ、細かなところまでをやってみた方が満足度の高い家になるんじゃないかなって思います。

奥さま:私は母親目線、子育てのしやすさを考えると「暖かさ」や「家の中の環境」を重視することをオススメしたいです。全館空調って1台のエアコンで、冬はどこにいても暖かいし、夏はカラッと涼しく、"子育てしやすくて、本当によかったなぁ~"と実感しています。見た目だけじゃなくて、そういう「家の環境」や「家の機能」も気にして建てられることをオススメします。
あとは、妥協はしないほうがいい。私たちは、ゆずれないところは、妥協せずに家づくりができたのでここまで満足できている、というのもあると思います。

旦那さま:確かにそうですね。僕らも一番初めは"建売でいいや。"と、思っていたんです。でも、いろいろな住宅を見学すると楽しくなってしまい...。全部自分達で決められるということが、大変だけどとにかく楽しかったですね。見た目だけじゃなく、構造や機能にもこだわれたというのは、今となってみると大正解で、大満足です。

K様、お話聞かせていただき、ありがとうございました。
今後とも、末永くよろしくお願いいたします。