インテリアコーディネーター:岡本 2019.03.09

経験は糧と自信になる

日本エステティック業協会認定、上級エステティシャン資格の更新試験を受けました。
随分前に美容業に従事していた際取得し、その後5年ごと更新し続けています。
今の仕事には直接関係しないように思われますが、実は業界に従事していた経験と資格は仕事に大きくプラスとなっています。
 エステティシャンになる為には理論・技術・接客マナーとカウンセリングスキルを磨かなくてはなりません。ヨーロッパではエステは予防医学の分野として捉えられています。その為理論は主に、皮膚学、生理解剖学、栄養学、化粧品学、大脳皮質学、心理学などを学びます。技術は美顔・痩身・脱毛やアロマテラピー、タラソテラピー、などを習得します。そして最後の接客マナーとカウンセリングを磨くことは、お客様とのコミュニケーションにとても大切なことで、どんな仕事の分野にも言えることですが、理論や技術を習得すること以上に自分自身が向上意識を継続することに一番力を注ぐ分野ではないかと思います。

インテリアコーディネーターとしてお客様のニーズに少しでも的確にお応えさせて頂けるよう、意識して私自身の様々な経験を提案させていただいています。カウンセリングはお客様のニーズを引き出し、その先の提案に結び付ける貴重なプロセスです。そしてカウンセリング力は一朝一夕に身につくものではありません。わが社の規範信条の一つは『家を建てたらそこからがスタート』です。そのからの幸せな生活を祈り、ご家族皆様が健康で快適な生活を送っていただけるように自己研鑽に励み、お客様のお話を傾聴する姿勢をこれからも大切にしたいと考えています。

Category

カテゴリー

Archive

アーカイブ