インテリアコーディネーター:岡本 2022.03.20

牛田智大ピアノリサイタル



3月17日ロゼシアターで開催された、牛田智大ピアノリサイタルに行ってきました。
今回はオールショパンプログラムと聞き、早々にチケットを予約しました。



日本人クラシックピアニストとしては史上最年少12歳でデビュー。昨年はショパンコンクールに出場し、益々その活躍を期待される中、今年3月14日にデビュー10周年を迎えました。今回の演奏では、数日前にサントリーホールで演奏したばかりにも拘わらず、その疲れを見せることなくアンコールも含め、なんと11曲もその美しい調べを奏でてくれたのでした。1曲面ノクターン第8番変二長調Op.27 No.2 の入りの1音が静寂のホール内に突き抜けるように響き渡った瞬間、すっと心が浄化されたような感覚になり、涙が自然と溢れてきました。

このリサイタルの前日、彼の出身地である福島県で震度6の地震がありました。
彼は11年前の震災の翌年にデビューしたのですが、当時の恩師が『君は震災によって傷ついた方々の、これからの希望や癒しとなるよう頑張りなさい』と彼を送り出したそうです。恩師のその言葉を胸に、クラッシック音楽を通して自分に何かできるか、彼は自身の音楽と真摯に向きあいながらの10年だったそうです。恩師の期待通り、現在まで大勢の人々に感動と幸せをもたらしたことは周知のとおりです。

折しも混迷を極めている現在の世界情勢ですが、芸術が皆を平和へと導く一条の光となってくれることを切に願います。

Category

カテゴリー

Archive

アーカイブ