設計監理部:梅原 2019.11.06

上高地~松本市の旅⑤

次は松本城!!!
現存する五重六階の天守の中で日本最古の国宝の城です。
アルプスの山々に白と黒のコントラストが映えて見事な景観
のはずが、あいにくの天気で曇り空…
でも、ででーんとそびえ立つ姿は圧巻でした

    

中に入ると階段が急で幅も狭く上に行くに従って渋滞が起きるほど…
今の建築基準法では完全にOUTです!!!
今では一瞬で削れる梁も当時は何日もかけて削ったことでしょう
上を見上げると1本1本の梁を鉈で削った跡がポコポコしていて
当時の技術を垣間見ることが出来ました。



戦国時代の城は戦うことを目的に強固な城と黒い外観、
弓や鉄砲を放つための小さな窓があるという特徴があります。
これもまた今の建築基準では採光がOUTですね
長野は静岡と並ぶ地震の多い地域にも関わらず
現存していられるのは、当時の耐震技術が素晴らしい証拠!!!
何はともあれ地震に強い家が大事ですね…
耐震等級3をクリア出来る様に、丈夫な家づくりを心がけます。

Category

カテゴリー

Archive

アーカイブ