2020.04.04

富士市 令和2年度 市民温暖化対策事業費補助金(ゼロエネルギー住宅の導入、省エネルギー住宅への改修、蓄エネルギー設備の導入)

イデキョウホームなら、優れた断熱仕様でZEH(ゼロエネルギー住宅)にするのが容易です!


●ゼロエネルギー住宅
市内に自ら居住する予定の新築住宅について、年間の一次エネルギー消費量が正味で概ねゼロ以下の住宅で、次の(1)、(2)のいずれかに該当する住宅を導入する方に補助金を交付します。(建売住宅の購入も含みます。)
ただし、市内業者(市内に主たる事業所(本社)を有する工務店、大工等の事業者)が施工した住宅に限ります。

  1. BELSにおいて「ゼロエネ相当」と評価された住宅(※)
    再生可能エネルギーを加えた設計一次エネルギー消費量の基準一次エネルギー消費量からの削減率が100%以上であると評価された住宅※BELSとは、建築物省エネルギー性能表示制度のことです。

  2. 「富士市版ゼロエネルギー住宅」と認定された住宅
    富士市独自の仕様を満たしていると認定された住宅

●省エネルギー住宅への改修
市内に自ら居住している又は居住する予定の住宅について、断熱窓、高効率給湯設備及びLED照明設備を、市が定める「省エネルギー住宅改修基準」のすべてを満たす住宅に改修する方に補助金を交付します。ただし、既存設備が「既存設備要件適用基準」を満たす場合は「省エネルギー住宅改修基準」を満たしたものとして扱います。

●畜エネルギー設備の導入
市内に自ら居住している又は居住する予定の住宅において、太陽光発電設備(固定価格買取期間が補助金の完了報告時点で満了しているもの※)の余剰電力を利用するために、(1)または(2)のいずれかの蓄エネルギー設備を導入する方に補助金を交付します。

  1. 家庭用蓄電池(次のいずれにも該当するもの)
    ・太陽光発電設備により発電した電力をリチウムイオン蓄電池に充電するとともに、分電盤を通じてその電力を住宅の内部で用いるシステム
    ・国が平成28年度以降に実施する「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」に係る補助事業において、補助対象となる蓄電システムとして一般社団法人環境共創イニシアチブにより登録されているもの。

  2. ビークル・トゥ・ホーム対応型充電設備(V2H) (次のいずれにも該当するもの)
    ・太陽光発電設備により発電した電力を電気自動車等に搭載された蓄電池に充電するとともに、分電盤を通じてその電力を住宅の内部で用いるシステム
    ・国が平成26年度以降に実施する「電気自動車等の充電インフラ整備」に係る補助事業において、補助対象となる「V2H充電設備」として一般社団法人次世代自動車振興センターに登録されているもの。または、一般社団法人CHAdeMO協議会により「V2Hシステム」として認証を受けているもの。


●その他の条件

・市税を完納していること。
・クールチョイスに賛同し、クールチョイス22に取組むこと。
・国、県等の同趣旨の補助金と併用しないこと。

併用できない補助金(令和2年4月1日時点)
・国の「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)化による住宅における低炭素化促進事業」
・国の「戸建住宅におけるネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)化支援事業」
・国の「地域型住宅グリーン化事業」高度省エネ型住宅
・国の「建築物等の脱炭素化・レジリエンス強化促進事業(新築集合住宅・既存住宅等における省CO2化促進事業)」

併用できる補助金(令和2年4月1日時点)
・国の「需要家側エネルギーリソースを活用したバーチャルパワープラント構築実証事業費補助金」
・国の「家庭用燃料電池システム導入支援事業」

 

補助金額
  • ゼロエネルギー住宅の導入  30万円
  • 省エネルギー住宅への改修 上限20万円(下限2万円) 詳細は「補助金申請の手引き【省エネルギー住宅への改修】」をご覧ください。
  • 蓄エネルギー設備の導入 5万円
<注意>
この補助金額は、令和3年3月31日までに事業が完了した場合の金額です。令和3年4月1日以降に完了する事業については、着工前に環境総務課へご確認ください。


★詳しくは富士市公式ホームページ>>をお確かめください。