芝川町S様邸
暖かさと開放感を両立した 「富士産eco 断熱」の家
芝川町S様邸
【構 造】 木造軸組工法
【床面積】 128.34㎡(38.75坪)
【間取り】 4LDK
【施 主】 ご夫婦+お子様1人
【外 壁】 タイル
IDEKYO HOME

大きな掃き出し窓や畳コーナーの丸窓が視線に抜け感を作り、ハイタイプの建具で縦空間の広がりを強調しているLDK。「ちょっと驚きの空間にしたかったんです」と語るご主人の言葉通り、実際の広さもさることながら、来客が思わず「わぁ!」と声を上げる開放感が生まれました。

明るめのフローリングと白基調の壁と天井にしたことも効果があり、その上で、風水に基づいて、西には黄色やゴールド、北にピンクなど、各部屋に運気の上がる色が入った壁紙がセンス良くチョイスされています。

奥さまが独身時代に風水インテリアを試したところご主人と出会ったということもあり、新居にも家族の幸せを願って取り入れられました。産休明けには仕事に復帰する予定の奥さま。子育てや家事に便利な動線も、良く考えられています。もともと当社の断熱材を気に入っていただき始まった家づくり。ひと冬越して暖かさも実感でき、機能面、住み心地ともに大満足の家になりました。