富士市S様
外観も魅力的なご夫婦こだわりの平屋
INTERVIEW
ご主人が設計!?間取りに込められた想い

イデキョウホームで建てた家、住み心地はいかがですか?

奥さま:平屋なので、動線が楽ですね。子供の気配もしますし、とても暮らしやすいです。

旦那さま:そうですね。やっぱり平屋は生活しやすいですね。
建てる前に、「平屋のメリット・デメリット」を調べたんですけど、実際住んでみてメリットを大きく感じています。
あと、僕は「明るい家」を希望していたので、リビングにある大きな窓や吹抜けの天井に配置した窓から差し込む朝日は、とても明るくて最高です。

イデキョウホームに決めた理由は何でしょうか?

旦那さま:"こういう風にしたいんだ!"という間取り図を絵で描いて、イデキョウホームさんの展示場に持って行ったのが始まりです。
他の住宅会社さんにも同じものを持っていったのですが、僕が描いた絵を参考に作ってもらった間取りがそれぞれ若干違っていて、最後の最後まで迷っていたんですが、イデキョウホームさんに決めましたね。

いろいろな要因がありますが、決め手の一つは「セルロース断熱材」。
やっぱ、これが良かったですね。そもそもイデキョウホームさんを知ったのも、この「セルロース断熱材」だったんです。
僕は、家を建てるときの「断熱材」が気になっていて、インターネットで調べていたら、イデキョウホームさんが出てきたんですよね。会社も家の近くだし、候補の一つに入ったわけです。
イデキョウホームさんの展示場に行ったときに、セルロース断熱材の実験を目の前で見て"俺にもやらせてくれ!"と、実験を体験させてもらっちゃいました。そんなことをしているのは、僕一人だけだったんですが、体感してみてその性能に対して"あぁ本当だな。"って実感できましたね。
その時、ほぼほぼイデキョウホームさんに決めてはいたのですが、実際に自分でセルロース断熱材の性能を実験によって体験したということが大きな決め手になりました。

セルロース断熱材を使用したこの家に住み始めて、その気密性を感じていますね。冬は、暖房がすぐききます。最初、吹抜けで天井が高いので暖かい空気が全部上にいってしまうかと思っていたんだけど、暖房をつけてしばらくしたら止めちゃいますね。

奥さま:そうですね。長い時間暖房をつけ続けることはないですね。居心地がいいので家族みんなでリビングで過すことが多いです。

お住まいで気に入っている点やこだわった点はどこですか?

旦那さま:平屋というのは、奥さんの第一希望でしたね。

奥さま:平屋というこだわりの他にも、北欧っぽい雰囲気で機能的であるということと、共働きなので帰りも遅いのでお手入れに手間のないコンパクトで小さいお家が希望でした。今は子供二人と住んでいますが、最後は二人だけの住処なので・・・。
あとは、子供も大きいですし、生活時間がバラバラなので、ダイニングテーブルはいらないからカウンターにしてもらいました。

旦那さま:中二階に造った部屋も、こだわりだよね。

奥さま:そうだね~。漫画をズラリと並べられる本棚があり、ソファの上でまったりできる趣味のお部屋で、お気に入りです。雨が降った時は、室内干しのお部屋として重宝していますね。

これから家づくりをお考えの方へアドバイスをお願いします。

奥さま:よく話し合うことですね。

旦那さま:建てる土地は決まっているじゃないですか。その土地に対して、それぞれの希望というものがありますよね。例えば、"駐車場は縦列じゃいやだ。"となると、おのずと建物の形は決まってきます。その決められた中で、お互いに話し合い相談し合うことは大切だと思います。

奥さま:話し合ったことや希望に対して、「できる、できない」を随時山本さんに相談していましたね。
例えば、うちの屋根は「ジンカリウム」という屋根材を使用していただいているんです。これ、イデキョウホームさんでも初めて扱った屋根材だったみたいで、苦労して手配してくださり感謝しています。

旦那さま:ジンカリウム。軽いんですよね。
最初、南欧風みたいな屋根をイメージしていたんだけど、スパニッシュ瓦だと1個1個が重いんです。どうにかならないかと調べてみたら、ジンカリウム鋼板屋根材は、スパニッシュ瓦の1/7ぐらいの重さだということが分かって、早速山本さんに相談しました。
見た目ももちろん気に入っていますが、屋根が軽いと地震に強い家になりますしね。

S様、お話聞かせていただき、ありがとうございました。
今後とも、末永くよろしくお願いいたします。