設計監理部:梅原 2019.10.05

上高地~松本市の旅④

今回行ったのは、明治9年に完成した旧開智学校です。
木造建築の学校校舎で、擬洋風建築の代表だそうです。
文明開化の時代に洋風とも和風ともいえない
不思議な建築をそう呼ぶみたいです。

  

入った瞬間、懐かしく感じ・・・ふっと記憶が蘇りました。
そういえば中学時代の校舎が木造で、建て替えの時期に
プレハブで授業をしたのを思い出しました。
夏は暑く冬は寒いプレハブ・・・
全館空調さえあれば快適に過ごせたのに~~~
エアコン一台で365日快適に過ごせる時代が来るなんて
とは言え断熱性能も悪い時代ですから…
校舎の中は木のぬくもりを感じられ、妙に落ち着く
重厚感と涼しさも感じ、こんな環境で勉強ができたら…
結果は一緒ですけど…きっと…

Category

カテゴリー

Archive

アーカイブ