インテリアコーディネーター:岡本 2019.04.12

待っていた若冲展示





先日、春休み中の娘と一緒に、楽しみにしていた静岡県立美術館へ行ってきました。
4月2日から5月6日まで展示されている伊藤若冲の樹花鳥獣図屏風を観るためです。県立美術館所蔵品であるこの屏風は今回2019年冒頭の企画展として展示されました。比類なき独自の描法である枡目描きによって描かれた動物や鳥が、不思議な世界観をもって私たち観るものを圧倒します。若冲は他の作品も大好きですが、本当に何度観ても飽きません。この屏風絵の、緻密かつ大胆な美しさと妖艶さに心奪われるのは私だけではないと思います。“屏風爛漫”と題して、期間中は若冲に限らず狩野派などの絵師による目を見張る屏風が展示されていますので、散り際の桜を惜しみながらの美術館鑑賞、お勧めします。
驚いたのは屏風のように畳める粋な計らいの入場券。
思わず娘と「素敵!!」と言ってしまいました。感激です。大事に取ってあります。

Category

カテゴリー

Archive

アーカイブ