イデキョウホームは、高性能・健康住宅の普及促進を通じて、
SDGs(持続可能な開発目標)に取り組んでいきます。
SDGs(持続可能な開発目標)とは
  • 貧困をなくそう
  • 飢餓をゼロに
  • すべての人に健康と福祉を
  • 質の高い教育をみんなに
  • ジェンダー平等を実現しよう
  • 安全な水とトイレを世界中に
  • エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 働きがいも経済成長も
  • 産業と技術革新の基礎を作ろう
  • 人や国の不平等をなくそう
  • 住み続けられるまちづくりを
  • つくる責任使う責任
  • 気候変動に具体的な対策を
  • 海の豊かさを守ろう
  • 陸の豊かさも守ろう
  • 平和と公正をすべての人
  • パートナーシップで目標を達成しよう
  • 2030年に向けて世界が合意した「持続可能な開発目標です」
SDGs(エス・ディー・ジーズ:Sustainable Development Goals)とは、2015年9月、国連サミットにて193の国連加盟国の間で採択された、「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載されている2016年から2030年までの国際開発目標です。
「世界を変えるための17の目標」により構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leaveno one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むべきユニバーサル(普遍的)なものであり、日本政府も積極的に取り組んでいます。
SDGsイデキョウホームが出来る事
イデキョウホームは、地元富士山麓の恵みである「富士ひのき」や、紙のまち富士市らしい紙から出来る断熱材セルロースファイバー「富士産eco断熱」等、循環型の素材を用いながら、省エネルギー・高性能住宅の建設を通じ、持続可能な、そして誰もが健康で幸福な社会を実現して参ります。
すべての人に健康と福祉を
3 すべての人に健康と福祉を
北海道レベルの高断熱高気密住宅で冬暖かく夏涼しい家を造り、ヒートショックの無い「健康と快適」を実現する家づくり。
  • ・健康寿命の延伸(医療費削減・福祉予算削減・老々介護の軽減)
  • ・高齢化社会への対策(健康な高齢者は、本人と家族や地域のため)
  • ・高断熱化リフォームにも取り組み、既築住宅再生
エネルギーをみんなにそしてクリーンに
7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに
戸建住宅の屋根は太陽光発電を搭載するには最適な場所といえます。私たちイデキョウホームは戸建住宅の建設を通じ、都市部のマンションや狭小住宅では難しい、自然エネルギーを利用した暮らし方を推進してまいります。
  • ・ゼロエネルギーハウス(ZEH)、LCCM住宅、省エネ住宅の普及で、消費エネルギーを削減します。
  • ・パッシブデザインにも積極的に取り組み、建設地に最適なローエネルギーに繋がる設計をし、過度な設備依存を行いません。
  • ・BELS表示を全棟行ない、全ての家の燃費を明らかにします。
住み続けられるまちづくりを
11 住み続けられるまちづくりを
家づくりは街づくり。一棟一棟の住宅性能が街全体の安全性を形づくります。
  • ・耐震等級3の長期優良住宅レベルの家の建設を通じ、長期にわたる安全性に繋げていきます。
  • ・自然エネルギーの導入やレジリエンス性の啓蒙を行い、安全に住み続けられる家により街の形成に繋げます。
つくる責任使う責任
12 つくる責任つかう責任
地元富士山麓の「富士ひのき」を主要構造材(柱・土台等)に用い、富士山麓の人工林の循環を行うことにより、富士山の保全や治水に繋げていきます。
  • ・断熱材も新聞紙からセルロースファイバーを製造施工し、地に還すことのできる素材で、出来るだけ地域と地球に負担を掛けません。