2018.04.13

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)補助金について

戸建住宅の省エネ・省CO2化に向けた
環境省・経済産業省・国土交通省による支援制度

国のエネルギー基本計画(平成26年4月閣議決定)において、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す」という政策目標を設定しており、地球温暖化対策計画(平成28年5月閣議決定)においても同様に政策目標を設定しています。

ZEH -環境省-

  • 対象となる住宅/注文住宅におけるZEH
  • 一次エネルギー消費性能/太陽光を除く一次エネルギー消費量が省エネ基準の▲20%
  • 外皮性能/強化外皮基準(UA値0.6以下)
  • 補助額/定額70万円/件
        蓄電池3万円/kWh
        (上限30万円かつ、補助対象経費の1/3)
        ※定額加算:低炭素化に資する素材を一定量以上使用。
  • 募集開始時期/5月28日から

ZEH+(ゼッチプラス)-経済産業省-

  • 対象となる住宅/注文戸建住宅および分譲建売住宅における、より高性能なZEH(ZEH+)
  • 一次エネルギー消費性能/太陽光を除く一次エネルギー消費量が省エネ基準の▲25%
  • 外皮性能/強化外皮基準(UA値0.6以下)
         (その他の要件などで「外皮性能のさらなる強化」を選択した場合を除く)
  • その他の要件/下記のうち2つ以上
           1.外皮性能の更なる強化(UA0.5以下 ※御殿場市・小山町は0.4以下)
           2.高度エネルギーマネジメント
           3.電気自動車などの充電設備
  • 補助額/定額115万円/件
        蓄電池3万円/kWh
        (上限45万円かつ、補助対象経費の1/3)
  • 募集開始時期/5月28日から

ZEH(中小工務店)-国土交通省-

  • ZEHの施工経験が少ない事業者の建てるZEH
  • 一次エネルギー消費性能/太陽光を除く一次エネルギー消費量が省エネ基準の▲20%
  • 外皮性能/強化外皮基準
  • 補助額/上限140万円/件(施工経験4戸以上の事業者は125万円/件)かつ掛かり増し費用の1/2以内
        地域材の活用、三世代同居などは補助額加算あり
  • 募集開始時期/4月下旬ごろ

ZEHについて詳しくはこちらをご覧ください。

 イデキョウホームは全て対応予定です。