2018.02.22

外部メンテナンス及び内部リフォーム工事

S様邸 築34年

経年劣化が感じられるようになった外部のメンテナンス(塗装工事)と、室内の床補修及び和室のリフォーム等を行いました。

●外部メンテナンス
外壁は、築10年~15年を目安に塗装をお勧め致します。外部は雨風紫外線などにさらされ、知らない内に劣化が進んでいます。定期的なメンテナンスで劣化を防ぎ、建物を健全な状態に保ちます。

[クラック補修]クラック(ひび割れ等)はしっかり補修(クラック補修)

[クラック補修]クラック(ひび割れ等)はしっかり補修

クラック補修仕上げ

[クラック補修仕上げ]すっかり目立たなくなりました。※既存の下地状態により仕上がりは異なります。

 

 

塗装養生

養生をしっかり行います。

 

塗装+α

室外機の脚や天端など、気になる部分も。

 

外壁 施工前

外壁 施工前

外壁 施工後

外壁 施工後

 

 

 

●和室→洋室へリフォーム
畳をフローリングへ張替え、壁をクロス仕上げとしました。柱や押入れの襖はそのままのため、違和感がでないようクロスは和柄を選び、襖も同柄のクロスで張り替えました。フローリングは既存の扉枠や柱の色に合わせました。

和室 施工前

和室 施工前

和室 施工後

和室 施工後

 

 

 

●出窓カウンターの補修
表面が劣化し剥がれの見られたカウンター材に、木目柄のシート材を貼ることで補修しました。

出窓カウンター 施工前

出窓カウンター 施工前

出窓カウンター 施工後

出窓カウンター 施工後

 

 

 

●玄関扉の交換 LIXIL:リシェント
カーバー工法で外壁を傷つけず1日で玄関扉の交換が可能です。

玄関 施工前

玄関 施工前

玄関 施工後

玄関 施工後

 

 

●洋間の床補修
歩くと凹みが感じられるようになった洋室の床を、上から新しいフローリングを施工しました。よく人が歩く場所は、フロアが痩せてブカブカしてきます。根太等の下地に劣化が無い場合は上からフロアを施工することで改善します。

床補修 施工前

床補修 施工前

床補修 施工後

床補修 施工後

 

 

●トイレの交換工事 LIXILプレアスHSへ取替え
以前のトイレに比べ、かなりの節水となります。

トイレ 施工前

トイレ 施工前

トイレ 施工後

トイレ 施工後